広島ベトナム協会 ベトナムの歴史
ベトナムの歴史
ベトナムの古代史(黎明期):

  ベトナムの歴史、特に古代史は、ベトナムという国だけの話よりも、
  そのインドシナ半島の全体の歴史を語ることになります。
  ベトナムの最古の人類の痕跡とし ては北部ベトナムのタインホア省で見つかった
  約30万年前の旧石器時代の石器になります。

  紀元前2万年頃には中期石器時代のソンビ文化の遺跡が発掘されています。
  その後に続く紀元前1万年頃のホアビン文化時代では農耕などの文化が
  あったのではないかという研究もなされています。
  国として統治された形態の歴 史が出現するのは紀元前2880年ころの
  雄王(フンヴォン)の文朗国が最初です。
  雄王の伝説は現在もベトナム人の間に親しまれており、
  ベトナムの文化を 形成するひとつの遠い紀元になっているのではないでしょうか?
  紀元前800〜300年頃にはドーソン文明が現れ、
  インドシナ半島からインドネシアの島にまで、
  そのころ作成された鳥獣模様の彫りこまれた青銅の太鼓が
  各地で見つかっています。
  このことは海を交通手段とした文明の発達が、
  この付近で行われていた ことを示しています。
  
  インドシナ半島からインドネシアに至る海岸沿いに住む人々に共通の文化や
  人種が、この地域に広がっていったことを示していて、
  大変興味深い事と思います。