広島ベトナム協会 ベトナムの概要
外交・国防・経済
外交・国防

1.外交基本方針
 全方位外交の展開、特にアセアン、アジア・太平洋諸国等近隣諸国との友好関係の拡大に努めること。
 95年7月、米国と国交正常化、アセアンに加盟。98年11月、APECに正式参加。

2.軍事力(2003/2004年版ミリタリー・バランスより)
(1)予算 23億ドル(2003年推定)
(2)兵役 徴兵制(18〜27才間の2年間が標準)
(3)兵力 48.4万人(主力軍)

経済

1.主要産業
農林水産業、鉱業

2.GDP
453億米ドル(2005年IMF資料)

3.一人当りGDP
1024米ドル(2008)

4.経済成長率
6.23%(2008年)/ 2007年8.48%

5.物価上昇率
12.6%(2007年)

6.失業率
5.3%(都市部のみ、2005年)

7.外国投資総投資額 640億1,100万ドル(2008年)
対日輸出 60.7億米ドル(2007年)
対日輸入 61.7億米ドル(2007年)
日本からの投資件数 105(2008年)
日本からの総投資額 72億8000万米ドル(2008)
10.通貨
ドン(Dong)

11.為替レート
1ドル≒17,479ドン / 100\≒19,633ドン  (2009年1月)

12.外国からの投資実績
178.5億ドル(2007年)

13.経済概況
(1)89年頃よりドイモイの成果が上がり始め、95〜96年には9%台の高い経済成長を続けた。しかし、97年に入り、成長率の鈍化等の傾向が表面化したのに加え、アジア経済危機の影響を受け、外国直接投資が急減し、また、輸出面でも周辺諸国との競争激化に晒され、99年の成長率は4.8%に低下した。
(2)2000年の成長率は6.7%、2001年は6.8%、2002年は7.0%、2003年は7.2%、2004年は7.9%、2005年は8.4%、2006年8.2%、2007年8.5%の成長率を達成。しかし、慢性的貿易赤字、未成熟な投資環境等、懸念材料も依然残っている。