広島ベトナム協会 ベトナム協会概要
(沿革)
(協会の沿革)

1975年 ベトナム留学生支援を目的に、

アジア留学生奨学会(広島ベトナム協会の前身)を設立。

その後、27年間で東南アジア諸国からの留学生延べ

約120人に奨学金を支給した。

2002年 10月17日、アジア留学生奨学会を発展的に解消し、

広島とベトナムの幅広い友好交流を担う、新しい組織として

広島ベトナム協会を設立した。

名誉顧問にファム・クアン・トー在大阪ベトナム総領事、

藤田雄山広島県知事、秋葉忠利広島市長、

名誉会長に森元國行氏、会長に岩附孝次氏に就任していただいた。

(肩書はいずれも当時)

2012年 創立10周年記念事業として

@10年史発行
Aベトナム民族アンサンブル広島公演
B広島とベトナム・ホーチミン市で記念式典・祝賀パーティー開催
C組織強化のため特定非営利活動法人(NPO法人)化の申請をした。 

2013年 1月22日付で特定非営利活動法人に移行。